Hospital

気になる更年期

主な更年期の症状とは

女性の中で気になることとして更年期に起こる体調不良です。なかでも日常生活に影響がある重い症状を更年期障害と言います。 更年期症状は様々です。頭痛・めまい、不眠、いらいら、うつ状態、腰痛、肩こり、疲労感などをはじめとして他にも多くの症状があります。症状の感じ方や強さには個人差があり、日によって異なったりと現れ方も様々です。 我慢できるからと放置して長引かせてしまうと、生活面にも影響が出るケースもあります。不安から集中力ややる気が低下して仕事や家事が手につかなくなる人も少なくありません。ひどくなると「うつ」状態になる危険性もあります。

医療機関での受診と治療

「更年期障害」を自己診断することは非常に危険です。更年期症状に限らず他の病気だったというケースもあるので、異常を感じたら医療機関を受診しましょう。何科に受診するのかは症状によります。例えば腰痛や肩こりなら整形外科、食欲不振や吐き気であれば内科や胃腸科を、何となく精神的に不安を感じる症状であれば精神科や心療内科を受診すると良いでしょう。今では更年期外来や中高年女性外来がある医療機関も増えています。 更年期障害と診断された場合の治療法は大きく分けて3つあります。 ・ホルモン補充療法 減少したエストロゲンを補充する療法です。 ・漢方薬を用いた治療 ホルモン補充療法ができない場合や多くの症状を訴えた場合に用います。 ・抗うつ薬、抗不安薬による治療 精神神経系の症状を訴えた場合に用います。 更年期は長期に渡るので通院に無理がない病院選びも大切です。